ストックフォトなら誰でも撮った写真がお金になります

ストックフォトなら誰でも撮った写真がお金になります 撮影-写真,動画


こんにちは、カメラマンのヨーイチです。


デジタルカメラが普及したので

写真や動画を今はだれでも簡単に撮れるじゃないですか?


以前はもっと難しかったんですが、かなり簡単になりました。

その撮った写真がお金に変わる方法があるんですよね。

ストックフォトなら誰でも撮った写真がお金になります


その方法とはストックフォト

このストックフォトってサービスを使えば、だれでも写真でお金を稼ぐことが出来るんですよね。


たまに「副業で写真で稼ぐ」とか、「主婦が写真だけで10万円」みたいな

テレビや雑誌の企画をやってるじゃないですか?あれってホントって思いますよね。


ちょっと嘘っぽくて怪しいって感じる人もいると思います。


でもホントに稼げてる人がいるんですよね。それもかなりの額を稼いでいます。


今現在は新規でやってないのですが、過去には僕も月々結構な額を稼いでいました。


こんな経験をしてきました


力を入れてたその頃は、アメリカのサービスで世界最大手のシャッターストックって

ところの重役が日本に来たときに、お会いしてお話しする機会があったり。


国内最大手マイクロストックのピクスタでも年間ランキングってのがあって

数年、上位にランクインしてた事があります。


ですので、ホントに写真で稼げるって知ってるんですよね。

それではストックフォトがどういったものか、どこの会社がおすすめかなどを

ある程度稼いだ経験があるので今日はそういった話をしていこうと思います。


ストックフォトとはどんなサービス


先ほども話たように撮った写真を、ストックフォトサービスでお金にする事が

出来るんですよね。

このサービスは写真だけでなく、イラストや動画でも同じなんですよ。


でもそれはプロだけでしょ! って思う方もいると思うんですが。


全然アマチュアでも大丈夫です。プロとかアマチュアとか関係ない世界なんですよね。

逆に俺の写真は上手いでしょ、とかコレ見てくれってって感じの自己満な写真は

ストックフォトとしてはお金にならないと思います。アーティスティックな写真は

駄目なんですよね。


ストックフォトで好まれる写真


何でかっていうと、このストックフォトっていうのはネット広告で使われたり。

あとはワイドショーなどのイメージ写真。

例えば「辛いとか嬉しい」ってイメージが伝わる感じのもの。それとblogでも

よく使われていますね。


人気ブロガーさんのblogは大体記事にストックフォトを使っていますよ。

写真やイラストなどを記事の間に挟む事で、言葉だけでは伝えられない事を

伝えています。


人気ブロガーさんも挑戦したらしいですが

そして人気ブロガー出身で、今はYouTubeをがんばってる方が、

自分でも稼げるんじゃないかって挑戦したことがあるそうなんですよ。

でもダメだったらしいです。


もともと最低限の撮影知識がないし、好まれる写真が分かってなかったん
でしょうね。




お洒落な写真とかだけではだめです。コピースペースがあったり、清潔感がある写真。

特に何かをイメージして代弁出来るような写真が好まれます。


これだけ色々なところに使われてるので、それだけ需要がある世界ですよね。


ストックフォトのサイトでアカウント


注:下記のこちらは関連したYouTube動画です

写真を月〇〇万円売った経験者が、ストックフォトを話す

まずアカウントをつくる


ココからは、写真をどうすれば売れ事がどかるかをお話しますね。

日本に数社、海外にも何社もストックフォトサービスを運営してる会社があるんですよね。


まずそこで、クリエイターとしてのアカウントを作ってください。

会社によっては簡単な審査がありますが、審査はそこまでむずかしくは無いです。

逆に、この審査に通らないようだと、その後もなかなかむずかしいかもしれません。


アカウントが出来たら写真をサイトにアップして、タイトルやタグを付けて個別の写真審査に出します。

そこで広告として適切だと判断された写真だけが、審査を通過してストックフォトのサイトに並び

それから購入されるチャンスができます。


この審査は会社によって判断が違ってくるので、A社がダメでもB社はOKなどがあると思います。


写真が購入されると収益化


そしてサイト表示されたら後、購入者にそれが選ばれてダウンロードされれば

収益化が発生するんですよね。


ただダウンロードされても、これは使用許可を出してるだけなので、

売切れになるワケではないんですよ。


また別な購入者がダウンロード可能なので、1枚の写真が何回もダウンロード

されるんですよ。

もし人気ある写真なら100回とか1000回分の収益になってくるんですよね。


例えば1枚で100円入ってくる写真なら10回だと1000円。

1000回だと10万円が1枚の写真から入ってくることになります。




人気の写真ほどよりダウンロードされるので収益は大きいんですよね。

これは人気ユーチューバーがより稼げてる、YouTubeの世界の様なかんじなんですよ。


おすすめのストックフォトサイト


それでは数社あるストックフォトサービスから、アマチュアでも稼げるチャンスの

あるところを3社ほど紹介しますね。


まずシャッターストック、続いてアドビストック、もう一個ピクスタの3サービスが

これから初めて稼げるチャンスが高いです。


それ以外にもあるのですが、プロじゃないと難しい。又はあまり流行ってない

サービスもあるので、先ずはこの3サービスをすすめます。


スポンサーリンク

各社ストックフォトサイトの特徴



では各ストックフォトサイトの特徴を、順番に話します。


シャッターストック


シャッターストックはアメリカの会社。

「世界最大手のストックフォトサービス」でニューヨーク証券取引所の上場企業です。


ここはいち早く「サブスクリプション」っていうストックフォトに定額制

持ち込んで、大成功したんですよね。


定額制なので大量の写真が売れていくんですよ。自分の写真が売れるチャンスが

広がります。そして人気の写真以外に、新作も売れやすいと思います。


今からはじめる方には、まず1枚売れるって体験ができやすいと思うんですよ。

但し定額なので、一枚の単価が低くて写真の枚数がないとなかなか稼ぎには

結び付きません。


それと海外のサービスなのでモデルリリースやプロパティーリリースなどの書類が

英語で出さないと受け付けてくれません


世界クラスだとココが一番稼げる

クリエイターが多い。

それでもマーケットが世界規模なので、日本だけでなく海外でもウケる写真や

イラストに動画なら、かなりチャンスはあると思います。


Adobe Stock


続いてはアドビストック。ここはフォトショなどの、アドビ社が手掛けてる

ストックフォトサービスです。

数年前はfotoliaって名前でしたが、アドビに買収されて名前が変わりました。


ここも世界規模のサービスなので日本以外からもダウンロードされます。

それとシャッターストックよりも

日本人モデルの写真が出やすいところでもあります。日本の購入者がおおいんでしょうね。


定額制と単品での購入もけっこうあるので、1枚の単価は今回紹介する三社では

2番目に高くなります。


それとダウンロード数に応じて、Creative Cloud ボーナスプログラムを始めましたね。


Adobe Stockはダウンロード数に応じて

Creative Cloudやアプリケーションが無料になる。

ここは日本語の承諾書で大丈夫なところも良いですよね。

定額性もかなり出るので、売れるチャンスは初心者にもあるとおもいます。


PIXTA


最後はピクスタ。ここは日本の会社のサービスです。

ですので日本に特化した写真が一番多いんですよね。


特に日本人モデル写真なら、まずココってくらい数が有ります。

逆に海外の購入者が他のサービスに比べて少ないので、海外ウケする写真は

需要が少ないと思います。


他社比べ単価が少し高いのも特徴です。それだけ売れれば大きいんですけどもね。

それとココには専属制度があってピクスタ専属クリエイターになると色々な事で

優遇がウケられます。


例えばマージンとか検索などですね。


特に人物専属クリエイターならなかなか難しいモデルさんの手配まで、

バックアップがうけれるんですよね。

トップランクになればココなら月に数百万稼げるチャンスがあるのも特徴です。


ピクスタは人気が集中するようになってるので

人気が出ないと大変なことも。

その分他のストックフォトサービスの併用する方には、専属ほどのチャンスは

少なくなってくるんですが。

稼いでる方はPIXTAの専属クリエイターが圧倒的に一番稼いでいると思います。


スポンサーリンク

注意点


ちょっとココで注意がありまして。

なんでもかんでも写真を撮って、それを売れるわけではありません。


人物写真ならモデルリリースって書類があって被写体になってもらった方に

「撮影許可の承諾」を書いて貰わなければいけません。

ペットや美術品などはプロパティーリリース貰わないとだめなんですよ。


普通に考えても勝手に、自分の写真を勝手に売られてたらどう思いますか?

駄目ですよね。ちゃんと承諾しまたって書類が必用なんですよ。


書類が必要なくても、公園などでは管理事務所に許可をとってから撮影してください。


各ストックフォトサービスまとめ


そんな感じで写真で稼げるストックフォトサービスを、簡単に説明してきました。

売れない方は月数百円レベルですが、稼ぐ額が月1万円位なら数千人単位でいます。


トップの方々は月数百万レベルにもなりますので、もし興味がある方は

一度チャレンジしてみるのも良いと思います。

またこの話に需要がありましたら記事にしますので、ご期待ください。


下記はカメラのサブスクリプションの話

ココまで読んでいただき、ありがとうございました。


コメント

タイトルとURLをコピーしました