シグマのミラーレスに評判の良いおすすめのフルサイズレンズ8本

シグマレンズ カメラ機材,アクセサリー

こんにちはカメラマンのヨーイチです。

今日、12月20発売の

SIGMA 24-70mm F2.8 DG DN | Art

は予想を上回る注文で供給不足なようです。

今回はそのシグマが出してるおすすめのレンズと、その特徴をまとめを

「シグマのミラーレスに評判の良いおすすめのフルサイズレンズ8本」

と題してみていきたい思います。

シグマレンズの特徴はコスパとキレの良い解像感


シグマは現在3シリーズ

Artシリーズ, Contemporaryシリーズ, Sportsシリーズ

を各マウント用に出すサードパーティーのメーカーです。


特徴は純正レンズよりも「値段がお手頃」なのに、写りが同等か上回ってる。

とくにキレッキレな「解像感」には定評があります。


シグマレンズArtライン評判の良い8本と選び方を解説


今回はミラーレス一眼用のレンズの中で、「8本」を選んでます。

大きさ、重量はEマウントで書いてます。


  • 12-24mm F4 DG DN | Art
  • 24-70mm F2.8 DG DN | Art
  • 35mm F1.4 DG HSM | Art
  • 50mm f1.4 DG HSM | Art
  • 85mm F1.4 DG HSM | Art
  • 105mm F1.4 DG HSM | Art
  • 135mm F1.8 DG HSM | Art



12-24mm F2.8 DG DN | Art


このレンズはテレが12mmなのにF2.8の「超広角ズームレンズ


このクラスは純正レンズだとF4が普通ですが、

F2.8と一段も明るい高スペックズーム。


純正でもなかなか無いスペックのレンズで、その割にお安いのでかなり貴重なレンズです。

SIGMA 14-24mm F2.8 DG DN | Art A019
  • 85.0×131.0mm 795g
  • 価格帯\150,000~170,000円(時期により変動)



24-70mm F2.8 DG DN | Art


このレンズは20日発売なので未だ出回ってませんが、「予約段階から大人気」。

待ってた方が多かったと思います。


インナーフォーカスなのでレンズが伸びません。

そして一眼レフ用の24-70mm F2.8 DG OS HSMよりも200gほど軽いです。


性能を見る「MTFチャート」を見ても一眼レフ用を上回ってて画質良いのは明らか。

サイズ感も純正並なので大ヒットな予感がします。


Sigma 24-70mm F2.8 DG DN Art Sony Eマウント
  • 87.8×124.9mm 830 g フィルター径82mm
  • 価格帯\120,000~130,000円(時期により変動)



35mm F1.4 DG HSM | Art


Artシリーズで一番最初に出たレンズ」。シグマは35mmからよく出すイメージです。

このシリーズの中では小型軽量ですが、単焦点としては十分大きいです。


同じシグマからF1.2のレンズも出ましたけど価格は倍近くするのでコスパの良いコチラを選びました。

そもそもF1.2とF1.4って1/3段しか明るさが変わらないんですよね。

SIGMA 35mm F1.4 DG HSM | Art A012
  • 77x120mm 755g フィルター径67mm
  • 価格帯\80,000~90,000円(時期により変動)




50mm f1.4 DG HSM | Art


開放から画質が良いい安定の標準レンズ。

純正の半分くらいの価格なのにコッチのが、キレっキレに写るんじゃないでしょうか。

カールツァイスOtusキラー」として出た画質追求のヒットレンズです。

次のミラーレス専用設計が楽しみです。

SIGMA 50mm F1.4 DG HSM | Art A014
  • 85.4×125.9mm 910g フィルター径77mm
  • 価格帯\80,000~95,000円(時期により変動)




85mm F1.4 DG HSM | Art


85mmは「ポートレート撮る方」はぜひ持っておきたい定番レンズ。

同じシグマアートの135mmほどのフレア、ゴースト低減はないですが充分に高画質。

各純正よりも解像力や、色や収差などは上。ただこれも85mmレンズとしてはかなり

大きくて重たいのがマイナスポイントです。

シグマ 85mm F1.4 DG HSM
  • 94.7×152.2mm 1245g フィルター径86mm
  • 価格帯\120,000~130,000円(時期により変動)




105mm F1.4 DG HSM | Art


ボケマスターの称号があるこのレンズ。フィルター径105mm,重量も1720g 。

105mmレンズとは思えない大型のレンズで使う人を選ぶと思います。

フィルター付ける人はなかなか無いので探すのも大変ですが、ボケも解像度もかなり高い。

105mmレンズでこのスペックは他社にはないです。

SIGMA 105mm F1.4 DG HSM | Art A018
  • 115.9×157.5mm 1720g フィルター径105mm
  • 価格帯\150,000~165,000円(時期により変動)




135mm F1.8 DG HSM | Art


このレンズはArtラインで一番フレア、ゴーストを配慮した設計なのか優秀です。

色々な方が絶賛しています。

1100gを超える重量は純正よりも重いですが値段は2/3。

135mmレンズを使う方には写りも最良のレンズだと思います。

SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art A017
  • 91.4×140.9mm 1230 g フィルター径82mm
  • 価格帯\115,000~130,000円(時期により変動)



シグマレンズのデメリットとまとめ

シグマは10年ちょっと前から解像度あるシャープな写りになってたのですが

オートフォーカスが曲者で。合ったり合わなかったりしましたがこのArtシリーズから

別モノのようにしっかりフォーカスします。


写りも純正を知活するんじゃないでしょうか。

そして純正に比べて低価格ですが、サイズが大きくて重い。

このあたりを割り切りきって「画質優先の方」には、「最高のレンズ」になると思います。

そんな感じで20日にSIGMA 24-70mm F2.8 DG DN | Artが発売なので

「シグマのミラーレスに評判の良いおすすめのフルサイズレンズ8本」

と題してシグマのレンズをとりあげてみました。

それではここまで読んでいただき、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました