ライブ配信で差をつけるおすすめ撮影ライト

ライブ配信で差をつけるおすすめ撮影ライト YouTube解説


こんにちは、カメラマンのヨーイチです。


ここ数年スマホを使ってライブ配信する女性が

どんどんと増えてますよね。


ライブ配信以外にYouTuberさんでも人気がある方は

みんな自分をアピールするのが上手です。


そんな時に使えるおすすめの撮影ライト撮影の

プロ目線で今日は書いていきますね。

ライブ配信で差をつけるおすすめ撮影ライト

撮影ライトを使って魅力アップ


Pococha Live17ライブなど

ライブ撮影では、照明をなにも使わず撮影すると、

魅力ある姿が画面の向こうの人に伝わらないんですよ。

ライトを使って少しでも可愛く盛って是非ライブを配信してください。

そうすればファンも付きやすくなります。

撮影ライトを使う効果


まずライトを使うと影やクマなどを目立たなくする事が出来ます。

ライトをあてると、化粧の発色も良く写るんですよね。


ライトを使えば目にキラキラしたキャッチライトを

入れる事も可能です。

ライブ配信にはどんなライトが良いか


ライブ配信に使えるライトって、色々販売されてるので

どれにすれば良いか迷いますよね。

サイズの大きいライト


まず出来るだけ大きいサイズのライトを選んでください。

なぜサイズが大きいライトが良いかと言うと、大きいと

発光する面が増えるので顔にテカリが少なくなります。

サイズが大きければ、顔以外も明るく写ります。

逆に小さいと鼻やオデコ、頬などにテカリが出やすくなったり

ライトを離して使えなくなってしまいます。

ミラーレス一眼を使ってのYouTube撮影にも、最適です。

リングライト


リングライトライバーさんや美容系YouTuberさん

今ホントに人気ですね。マストアイテムなのかってくらい

みんな使ってます。


このライトは、目に丸いドーナツ状のキャッチライト

入ってるのが特徴です。

色温度変化するライトより一色


ライトには白が一色のライトと、白から電球色まで色温度が調整可能できる

ライトがあります。

蛍光灯の部屋で使うなら、白一色のライトを選んでください。

なぜかっていうと色温度が調整できるライトは、白いLED電球

黄色いLED電球が入って、白い光を使う時は半分の黄色を

使わないので無駄になります。

蛍光灯の白い光と電球色の黄色い色をまぜると、色がにごって

良くないんですよね。

CRIが高いと綺麗な色


このCRIは、色をどれだけ忠実に発色するかを表した数値です。

ライトってどれも白い色に見えてますが、実は違うんですよ。

人間の目には白く見えても、安いライトは色のバランスを悪く

カメラやスマホだと、赤い色が出にくいライトが多いんですよね。

このCRIが大きい数字のライトが綺麗な色で写ります。


ライブ配信おすすめライト

YouTubeやライブ動画の撮影機材。リングライトをカメラマンが徹底解説

本格的なリングライト


部屋のスペース的があって、本格的な撮影をしたい方は

18インチの大きさでスタンド付き。

色温度も白だけで、明るいコレが良いと思います。

大きい分だけ目に、ドーナツ状のキャッチライトがしっかり入ります。

これならライブ配信だけでなく、多くの美容系YouTuerさんが

使ってるので、同じクオリティの動画が出せるようになりますね。


Neewer 外径18in LEDリングライト照明キット ライトスタンド


スマホホルダーも付いてるので、これだけで次からの

ライブ配信がグッとクオリティUPするでしょう。

コレ専用のディフューザーも、オプション品として出てるので

追加で付ければより柔らかい光になります。

Neewer ビデオライトソフトボックスディフューザー

小型卓上用リングライト


このタイプは安くて卓上型なので、場所をとらないライトをご希望の方用。

ライトのクオリティよりも、コンパクトで安い商品になります。

テーブルの上に置いて、近い距離で使う小型リングライトなので

場所をとりません。

Arisen Bluetooth LEDリングライト -外径26cm/10インチ 3色モード


このライトは小型ですが、スマホ用のホルダーも付いています。

クオリティに関しては、大きさや色温度調光式の分だけ

先ほどのライトには敵いませんが、安くて狭い部屋でも邪魔になりません。

まずお試しでって方にも良いと思います。

手持ちセルフィーライト

外でも使える便利なセルフィーライトって手もあります。

スマホにクリップ式で取付けるだけなので簡単な小型ライト。

このタイプは電池式と充電式があるので、購入の時は

間違えないようにしてください。

自撮りライト クリップ式自撮りリングライト

ちょい足しって感じのライトになりますが

ふだんから持ち運べて、手持ちでも使える便利なライトです。

ライブ配信で明るさ優先ライト


リングライトはあの形なので、それほど明るくはありません。

電球の数も少ないんですよね。

もっと明るいライトが欲しいって方は、四角いLEDライトのがおすすめ。

Viltrox L116B プロ 超薄型 LED[並行輸入品]

このタイプなら、リングライトの2倍から3倍の明るさになるんですよね。


でも、スマホホルダーやスタンドは付いていませんので、

別で揃える、すこし面倒なところもあります。

こちらはリングライトだけを解説した記事です。

ライブ配信おすすめライトのまとめ

自分の撮影環境に合ったライト


みなさん部屋のスペースや予算の都合もあるので

ベストな物を選んでください。

ライトの光はなるべく大きいサイズ、白一色が綺麗に写ります。

通販で気をつける事


Amazonで買う時はあまりレビューを信用しすぎないでください。

レビューの多くはさくらの可能性が高いんですよね。

中には日本語として、不自然な書き込みもあります。

安い中国業者も多いので不良品や違う商品が届いたら、

すぐに返品してください。

それとちょっと中国のアレの影響で、品切れも出て来ていまが

是非とも良いライトを見つけて、よりよりライブ配信

おこなってください。

それではここまで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました