RAWはミラーレス一眼カメラの保存方法で現像ソフトで変わる

RAWはミラーレス一眼カメラの保存方法で現像ソフトで変わる 撮影-写真,動画


こんにちは、カメラマンのヨーイチです。


今日は写真を撮影した「RAWデータ」は、使う現像ソフトによって写真の色や雰囲気が

変わってくるって話をしたいと思います。


ミラーレス一眼カメラの保存方RAWは現像ソフトで変わる


ちょっと先ほど書いた内容だけではイメージがわかない方いると思うので、ちょっとこれを見てください。


ミラーレス一眼カメラの保存方RAWデータとは


この二つはRAWで保存した同じ写真のデータです。色など違って見えるところがありますが

同じRAWデータなんですよね。


じゃーなんで違って見えるかって言うと、別々の現像ソフトで写真を現像したからなんです。


この2枚の写真は現像ソフトの性能が分かりやすいように、シャープネスやノイズは0にして

あとは特別触らずにJPEGに変換しました。各ソフトでの湾曲補正だけは入ってます。


それなのに色やディテールなど色々違ってますよね。よくキャノンの肌色が好きとか、

富士のカラーかず良いなんて言い方をしますが。RAWデータは現像ソフトが違うだけで

発色がかなり違うんですよね。


今回は意外と知らない方が多い、RAW撮影した写真は現像ソフトで違ってくるってお話を順番に

しようと思います。


カメラの保存方法RAWとJPEG

RAWデータとは


RAWはカメラ撮影する時に選べるデータの保存方法です。デジタルカメラならRAWかJPEGのどちらかで、

保存設定を選ぶことが出来るんですよ。カメラによってはRAW+JPEGの両方で保存も可能です。


じゃーRAWデータとは何かっていうと。カメラのセンサーが光を受取った、そのままの光情報として

保存してるデータなんですよ。


ちょっと間違いそうですが、まだこの段階では画像にはなっていません。

単なる光情報を記録したデータなんですよね。


なので、各種設定も別に保存されてるので、後からの編集に向いてるデータになります。

例えばホワイトバランスやシャープネスにノイズ処理などは、この光のデータとは別に保存されてるので

後から変えることが可能なデータなんです。


RAWを説明するときに、フィルムと同じって言い方もよくされてます。

それ以外にメリットは画像に変換してないので、色の諧調もJPEGよりかなり多いんですよ。


後から編集したり色諧調が多くて結構画質には有利なデータですね。その分RAWデータはデメリットも

あってデータ量が重かったり、画像に現像変換しないと見る事も使う事も出来ないんですよね。


気軽に使うデータとしては、JPEGのが便利ですね。それでもメリットが多いので撮影経験がながい人は

RAWで撮影する方が多いですよ。


RAWは画像データではない

最初にお見したRAW撮影の写真の違いは、JPEGのようにカメラ内で画像化していないので

どの現像ソフトを使うかで色や明るさ、雰囲気が少し変わってくるんですよ。


例えばアドビのライトルームとカメラメーカー純正の現像ソフトだと画像が違ってきます。

これをもっと分かりやすく話すと、画像内の1画素1画素の光情報を「RGBのピクセル」に変換処理して

何色にするかは各現像ソフトでちがってくるんです。


色だけじゃなくて、たとえば線の繋がりやディテール処理。こういったものもRAW現像ソフトの

エンジンの能力によって、画像が違ってくるんですよね。


現像ソフトによっては、違うレンズ使ったのって位変わる事もあるんですよ。

同じ写真データなのに面白いですよね。


RAW写真の現像ソフト

【RAW】アナタはその現像ソフトの写真で満足ですか?

ADOBEの現像ソフトLIGHTROOM


現像ソフトは色々ありますがアドビのLightroomを使われてる方が一番多いんじゃないでしょうかね。

たぶん今見てらっしゃるの方の多くも、Lightroomなんですかね?


なんでこんなにライトルームが多いかっていうと、アドビ製品なのと、Photoshopとセットで

お安く使えるのも影響してると思います。


Adobe Photoshop CC|12か月版|Windows/Mac/iPad対応|

使われる方が多いので、プリセットやプラグインも色々あるんですよね。 アドビのライトルームなら

色んな情報も多いから使い方に困っても、なんとかなると思います。

憧れのカメラマン風写真に仕上げる事も出来ますしね。


カメラメーカー製の現像ソフト


それ以外にもカメラメーカー製の現像ソフトがありますね。

キャノンやニコンなど、カメラメーカー各社が自社のカメラ用現像ソフトとして出しています。


試してみようと思った事ないですが、まず他社のカメラのRAWデータは読み込む事も出来ないと思います。

そんな事をする人ってそもそもいないでしょうしね。


それと有料ソフトほどの機能がない物が多いので、ある程度使い込む方は

やはり他社の有料現像ソフトになってますね。


現像ソフトCapture One Pro


それ以外で現像ソフトではスタジオ撮影に向いてるCapture One Proを使う方が多いんじゃないでしょうか。

僕もこの現像ソフトを使っていますが、テザー撮影にすごく向いてます。


あとこの現像ソフトは他の現像ソフトに比べてディテールの扱いが上手く感じるんですよ。

Lightroomだと塗り絵の様に潰れる画像も、このCapture One Proはディテールを残す事が

多いので僕は気に入って使っています。


でも、このあたりはバランスなので使う方の好みもかなり入ってくると思いますが。


Adobe LightroomとCapture One Proの違い

折角なので「Lightroom」と「Capture One Pro」を何枚か比べてみたいと思います。

これは夜の街です。


先ず青の三角形で表示した、バタキってカタカナのネオン管と背景のピンクが分かりますか。

ここを比べるとcapture one proの方がディテールが出てて、Lightroomが少し練り絵っぼい

感じになってますよね。


Adobe LightroomとCapture One Proの違い

それと黄色の三角で表した、parisって文字や眼鏡マークなども違いが分りやすいです。

ノイズ自体はLightroomのが少ないですが、輪郭のクリア感がCapture One Proのが上です。



続いてはマネキンのアップ。まず背景の赤色が違いますよね。

それと黄色い三角で表したマネキンが着てる服の輪郭。ちょっと画像が小さいのと圧縮がかかってて

分かりずらいかもしれませんが、これもよく見るとLightroomとCapture One Proでは

ラインが違いますよね。


Adobe LightroomとCapture One Proの違い

青い三角部分で表した丸い穴の立体感も違いますよね。

それと Capture One Pro はハイライトをハッキリ出すためか、服やマネキンのハイライト無編集だと

少し飛び過ぎになっています。マネキンの肌色の繋がり方も両者違っていますよね。


Lightroomはくすんだ色って言われてますが、バージョンアップ事に少しよくなってきました。


RAWは現像ソフトで写真が変わってくるまとめ


どの写真も特別編集しないでJPEG変換しただけですが、ここから編集しだすともっと違いが出てきます。


RAWデータの1画素を何色にするかは各現像ソフトなので、このような違いが手で出てくるんですよ。

とくにカメラメーカー製現像ソフトしか使ってない方は、他の優良現像ソフトだと機能も色々あり

かなり違った写真になってくると思います。


とくにダイナミックレンジが広い高性能なカメラのRAWだとかなり編集で違ってきます。

JPEGでしか撮影したことが無い方も是非RAWで撮影して現像ソフトを使ってみて下さい。



それではここまで見ていただ、ありがとうございました。


コメント

タイトルとURLをコピーしました