ストロボは初心者でもポトレ写真が綺麗に撮れる安いカメラ機材

クリップオンストロボ画像 カメラ機材,アクセサリー

こんにちはカメラマンのヨーイチです。

ポートレートを撮りだした方が、カメラやレンズの次に気になりだす機材は

たぶん「ストロボ」だと思います。

撮影が初心者の方はストロボを使った事ないので、良く分からないでしょうから


  • どんなストロボを選んで良いか分からない
  • 純正メーカー以外のストロボで大丈夫?
  • 最近よく見るGODOXのいうメーカーが気になる
  • なるべく安いのが欲しい



こんな方には参考になる内容を書きたいと思います。

「ストロボは初心者でもポトレ写真が綺麗に撮れる安いカメラ機材」

と題して、おすすめストロボと一緒にお話したいと思います。

クリップオンストロボで初心者も使えるおすすめのGODOX

【ストロボ】GODOX TT600がおすすめの理由と使い方


カメラを初めて間もないと、 どのストロボを選んで良いか分からないですよね。

そんな方には価格が高い純正メーカーよりも、安くて最近色んな種類を出してる

GODOXという中国製メーカーのコチラをおすすめします。


GODOX製の GODOX Thinklite TT600



このタイプはクリップオンストロボといい、スタジオで使うような大型のストロボ程の大光量ではありません。

でも小型で電池で動くので持ち運びやすく、ミラーレス一眼カメラの上に付けられます。

スタジオ撮影用の大型のストロボは

この何倍何十倍の大発光量。



何万円もする純正のクリップオンストロボがありますが、

このGODOX TT600でストロボ撮影を始めて問題ないです。

僕も普段使いで3台持ってます。

スタジオ撮影写真

初心者カメラマンに、このストロボがおすすめのポイント


  • 圧倒的に値段が安い
  • クリップオンとして大発光量
  • 各カメラメーカーで使える
  • 光向きが色々変えれる
  • カメラからストロボを離して使える
  • ハイスピードシンクロが使える


圧倒的に値段が安い。


まず日本の純正カメラメーカー製に比べて圧倒的に激安です。

Amazonや楽天などだと¥8,000円前後。純正メーカーのストロボだと数万円しますのでその数分の1の値段。

もし壊れて買い換えても、まだまだおつりがくる値段なんですよね。

たまにAmazonセール時は、6000円位まで安くなってますね。

クリップオンとして大発光量


続いて明るさですが、純正メーカーの 最上位クリップオンストロボと同じGN60です。

このGNはガイドナンバーといい

数字が大きいほど光が強い。

ストロボは大は小を兼ねるので、発光量は大きいほど使いやすくなります。

各カメラメーカーで使える

キャノン, ニコン, ソニー, フジ, オリンパス, パナソニックなど

標準的なミラーレス一眼カメラのシューならほとんどカメラに使えたり、そのメーカー専用の物が出ています。

ソニーのカメラだけ特殊なホットシューだけど

使えるよ。



ストロボの向きを変えられる


カメラにもストロボ機能が付いてる物もありますが、ストロボの向きが変わりません。

ストロボの光る向きが変えられると、バウンス光を使ってポートレートが自然に綺麗に撮影できます。


バウンス光とは壁や天井に

ストロボの光をぶつけて拡散する方法。



ストロボをカメラから離せて使える


GODOXが出してるトランスミッターを使うと、ストロボをカメラから離してつかえます。

カメラからストロボを話すと、かなり印象的なライティングが出来るようになるんですよ。

女性ポートレート撮影されてる方は、是非トランスミッターを使ってカメラから離して使ってみて下さい。

Godox Xpro-C E-TTL II 2.4G ワイヤレスフラッシュトリガー

トランスミッターは電波で離れたストロボをコントロールしてる。

ハイスピードシンクロ


実はストロボはカメラのシャッタスピードが、1/200秒くらいまでしか同調しません。

それ以上早いシャタースピードを使うと、黒い帯のようなラインが出たりして上手く撮れないんですよ。

そんな時この「ハイスピードシンクロ」、または「日中シンクロ」という機能があれば

もっと早いシャタースピードが使えるようになります。

日中シンクロとは昼間の明るい時に

ハイスピードシンクロを使うことです。

ではハイスピードシンクロを使い方は昼間の逆光シーンなどで、背景は明るいのに被写体は

陰で暗くなってるような時があるじゃないですか。

そんなシーンでは被写体にストロボを当てたいのにシャタースピードが早過ぎて同調しません。

そんな時はハイスピードシンクロを使うと上手く撮影出来ます。

クリップオンには電池も忘れずに


GODOX TT600のようなクリップオンストロボの電源は乾電池です。

毎回電池を買って使ってるとどこまで消耗したか分からず、また新しいのを入れなおす事に。

これって面倒ですし、予算的にも非効率ですよね。


僕は充電式の乾電池エネループを使っています。エネループの中でも大容量化モデルが

使い勝手がいいのでおすすめですね。これなら途中でなかなか電池切れもしませんよ。


パナソニック エネループ 単3形充電池 4本パック 大容量モデル



純正メーカーと撮れる写真は違う?

失敗しないクリップオンストロボ選びのポイントを初心者へ解説


これもかなり気になるとおもいます。

撮れる写真ですが、ディフューザーバウンス撮影などを使う人なら

純正ストロボで撮った写真と見分けはつかないと思います。

逆にストロボを被写体に直接向けてる事って、意外と少ないですし。

安いストロボをポートレートに使うマイナスポイント



ここまで良い事ばかり書いてきましたが、デメリットも

以前の中華製ストロボは品質があまり良くなくて、すぐ壊れたりする爆発する事例もありました。

爆発といっても単三乾電池4本の製品なので

しれてますが。

GODOX製のストロボも数年前までは品質の信用がよくなくて爆発がおきてました。

でも今は、そのような話をあまり聞かなくなりました。

それでもMAXに近い光量は壊れやすい気がして、僕は少し余裕をもって使ってますが。

パクリっぽいストロボのビジュアル


中華製ストロボなのでカメラに詳しい方には、パクリの安物って目で見られる事もあります。

使われてるプラスチックの品質が純正と並べてと見劣りします。

TTL調光での撮影が出来ません。

しかしストロボ光直打ちでないと、TTL調光は機能の意味がありませんし

ストロボを覚えるうえでも、マニュアル調光で使う方が良いと思います。

GODOXストロボの寿命ですが、僕はたまにぐらいの使用頻度。

その使い方ならまだ壊れていません。

ポトレでも活躍するGODOX製 TT600 激安ストロボのまとめ


それではGODOX製 TT600をまとめると


  • 圧倒的に安いのに大光量。
  • 高い機材だと使いずらいシーンでも、ガシガシ使えるえます。
  • 電波式トランスミッターと組合せて、カメラからストロボを離して使える
  • 但し、ちょっと質感は安っぽくてパクリな見た目。
  • 耐久性寿命は不明




こんな感じのクリップオンストロボです。

今回はミラーレス一眼カメラで使える

「ストロボは初心者でもポトレ写真が綺麗に撮れる安いカメラ機材」

と題して、ストロボの解説と安くておすすめのGODOX TT600を紹介しました。

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました