Bluetoothスピーカーで防水対応の安いポータブルスピーカー

Bluetoothスピーカーで防水対応の安いポータブルスピーカー スマホ,ガジェット


こんにちは、カメラマンのヨーイチです。


今回の記事は、ダンスの動画撮影に使うBluetoothスピーカーが欲しかった時の経験からです。

安くスピーカーを買おうとすると、今はネット通販からの購入になりますよね。


それでAmazonでどれにしようか悩んだ時などに、レビューを見ててもやらせ書込みの雰囲気がプンプン。


このレビューにだまされる方がいると思うので、今回は僕が使ったスピーカーを

本音で書いてみたいと思います。



  • スマホと繋がるBluetoothスピーカーを探してる
  • 3000円以下で買える安い商品
  • Amazonレビューが信じられない
  • 防水でお風呂場でも使える
  • 屋外にも持っていける


こんな防水対応のスマホと繋がるBluetoothスピーカーの内容を書いていきます。



Bluetoothスピーカーで防水対応Tronsmart Element Splash


上でも書いたとおり、Bluetoothスピーカーを買うした目的は

YouTubeに出してるダンス動画撮影で使うためでした。


JBLの防水ポータブルBluetoothスピーカーを以前聞いたことがあるのですが

このタイプは音質をこだわるよりも野外で楽しく聞くのがメインだと思いました。


コレが選ぶ基準でした。


  • ボリュームを上げても割れない
  • Amazonで買える
  • 防水機能がある
  • バッグにひっかけられる



撮影中にスマホよりもハッキリと、ボリューム上げてもビートが割れずに聞こえる。

それ以外にも条件はAmazonで売ってて、防水で3000円以下のバッグにひっかけられるスピーカー。


この条件でTronsmart Element Splashを購入しました。

Tronsmart Element Splash 防水スピーカー




候補に挙がった他の防水対応Bluetoothスピーカー


この条件に入った他のスピーカーもありました。


それが下記で今回購入したスピーカーと比べながら、どれにしようか悩みました

どれも3,000円までで買えるスピーカー





防水性能や外に持ち出すときの壊れずらさと、ボリューム上げれそうかなどを比較して考えました。


スピーカーの防水,防塵性能はIPコード


どれも防水Bluetoothスピーカーと表記されていましたが、防水性能はスピーカーによって違います。

防水機能がビミョーなスピーカーは候補から外したいですよね。


どこで比べるかというと、IPコードで防水と防塵両方の性能を表しています。

例えばIP58となっていたら、最初の数字5が防塵性能。後ろの8が防水性能になります。


IP58の防塵と防水どちらかだけを表示する場合は、IP5X, IPX8とXでどちらかの性能を省略表示します。


下の表で赤字が防水性能の等級です。


Bluetoothスピーカー IPコード
VTIN Q1IPX5
EWA A106IPX7
MIFA A1IP56
Tronsmart Element Splash IP67
Anker Soundcore Icon MiniIP67
Tronsmart Element GrooveIPX7


「VTIN Q1」と「MIFA A1」は防水性能が劣ります。

ちなみに今のスマホはIPX8の防水性能がありますので、お風呂に持って行っても大丈夫です。


防水等級表


下記が防水等級の表です。


防水等級IPコード
0級(IPX0)何も保護がされてない
1級(IPX1)重力の方向から落ちてくる水滴による有害な影響がない。防滴I形
2級(IPX2)重力の方向から15度の範囲で落ちてくる水滴による有害な影響がない。防滴I形
3級(IPX3)重力の方向 から60度の範囲で落ちてくる水滴による有害な影響がない。防雨形
4級(IPX4) あらゆる方向からの飛沫による有害な影響がない 。防沫形
5級(IPX5)あらゆる方向からの墳流水による有害な影響がない 。防噴流形
6級(IPX6)あらゆる方向からの強い墳流水による有害な影響がない。耐水形
7級(IPX7)一時的に一定水深の条件に水没しても内部に浸水しない。防浸形
8級(IPX8)継続的に水没しても内部に浸水しない。水中形


但しテスト条件が各社違うのと中国メーカーはよくサバ読みするので、IPX8でも過信は禁物です。


スピーカーの出力


出力が小さいとボリュームを上げられず、音割れもするのでここも大事です。


Bluetoothスピーカー 出力再生時間
VTIN Q1 5W8時間
EWA A106 3W12時間
MIFA A1 5W12時間
Tronsmart Element Splash 7W10時間
Anker Soundcore Icon Mini3W8時間
Tronsmart Element Groove 10W24時間


上記が各スピーカーの出力と再生時間です。

ただしバッグにずっとぶら下げて使うつもりでしたので 「Tronsmart Element Groove 」は

出力と再生時間が長くても、やはり大きすぎるのは候補から外れます。


Tronsmart Element Splashの詳細情報と使ってみた感じ


このBluetoothスピーカーの購入先はAmazonでと考えました。

「Tronsmart Element Splash」のスペックはこんな感じです。


メーカーTronsmart
モデルElement Splash
Amazon価格\2,180円
出力7W
Blutooth互換性HSP、HFP、A2DP、AVRCP
Blutooth4.2
伝送距離15m
再生時間10時間
耐水性IP67
TWS機能対応対応
サイズ重量46×99mm 129.7g


選ぶ基準は、屋外で使うので壊れても良いくらいの安い値段の製品。落としても壊れにくそう。

そして屋外なので突然の雨にも大丈夫な防水性。


このTronsmart Element SplashはIP67なので防水性能が一時的に水没しても壊れない7級。

出力も7Wなのでそこそこの音量が期待できる。



再生時間も10時間と僕の用途では十分です。

外に持ち出すの前提で、形が丸く周りがラバー製なのも落として壊れにくそうなのも選択した理由です。

四角い形だとどうしても落とした時に角に衝撃を受けると思いました。


Tronsmart Element Splashを使ってみて


実際使ってみて大きさ、重さ共に許容範囲。

全体がラバー製で角がどこにもないので落下しても壊れにくそうです。


音量はボリュームを上げても音割れせずに、スマホとは比べられない程の音量が出ました。



音質は元気な音っていうんですかね。このサイズにしては低音も出てます。

緻密で情報量がある音ってよりは元気なので、屋外で聞きやすい音だと思います。


ドンシャリのドンが強めですかね。

就寝前のベッド横はあまり合わない音質かも。

電池がもたないって事もありませんでした。

連続10時間再生はしてないですが

それなりもってます。

防水BluetoothスピーカーをAmazonで選んでみて


今回Amazonでどれにしようか迷ったんですが見てると色々なスピーカーがありますね。

安いスピーカーのほとんどが中国製ばかりでした。


僕がAmazonで選ぶときに気をつけるのがレビュー。


☆5個のレビューの多いのはまず参考にならないと思います。

他のスピーカーのレビューとか見てるとこんな書き込みが

箱の中に画像の「Amazonで高評価してくれたらスピーカーをもう1つあげちゃうよ」という紙が入っていました。つまりレビューの高評価は純粋なレビューではありません。

Amazon

ここまで酷いともう商品のレビューになっていませんよね。


今回買ったTronsmart Element Splashは、値段が安い割には使えるんじゃないでしょうか。

耐久性などは今は分かりませんが、この値段で超ハイスペックな音質を求めてない限りは

買って満足いくと思います。


あまり書いてなかったガジェット系を今回は書いてみました。

レビューだけは気をつけて失敗しないお買い物をして下さい。


それではここまで読んでいただき、ありがとうございます。


コメント

タイトルとURLをコピーしました