カメラの今さら聞けないAUTOとPモードの違い

カメラの今さら聞けないAUTOとPモードの違い 撮影-写真,動画


こんにちは、カメラマンのヨーイチです。

いつも読んでいただきありがとうございます。


下記YouTube動画でも解説してます。

カメラのオートモードとPモードの違いを初心者はまず覚えましょう

今回はカメラ初心者向けの写真撮影の

「オートモード」と「Pオートモード」についてお話していこうと思います。



  • カメラの初心者さん
  • カメラをオートモードでしか撮ってない方
  • カメラのオートモードとPオートモード 違いが分からない方


こんな感じの方は、この二つのモードがどう違うかを解説しますので、

カメラ初心者さんも今更聞けない中級者さんも、見て頂けたらとおもいます。


まずはオートモード、つづいてPオートモードの順にお話します。

「ISOや絞りに露出」などのワードが出てきますが、そちらは別の記事で解説してますので

合わせてふかぼりしてください。

カメラの今さら聞けないオート

カメラのAUTOモードとは

カメラのAUTOモードとは


「オートモード」は一眼カメラを慣れてない方でも、簡単に撮影できる全自動のモードです。

ダイヤルを「AUTO」モードに合わせれば全ての設定は

カメラが決めてくれるので後はシャッターを押すだけで撮れます。


ISO,シャッタースピード,絞りなどの露出関係と、色味のホワイトバランスなどを

カメラがぜーんぶ自動で設定してくれます。


先ほどでた露出関係の露出って言葉が分からない方が要るかもしれませんが、画像の明ると思ってください。

こんなに便利なオートモードですが、逆に自分で設定出来る事に制限があるので

ある程度なれた方には使いにくいモードでもあります。


カメラのAUTOモード出来る事

大まかにはフォーカスを固定か追従させる、連写モードに切り換えるかなどくらいしか自分で決められません。

但し、この制限はカメラによって少し違うとおもいます。


オートモードにするとカメラに慣れてない方でも、簡単に失敗のない撮影が出来ますが

折角の一眼カメラで工夫して撮影出来ないのも、勿体ない気がします。


カメラの今さら聞けないP(プログラムオート)モード

カメラのPモードとは

カメラのPモードとは


ダイヤルを「P」モードに合わせればプログラムオートモードになります。

Pモードはプログラムオートモードの事になります。


「プログラムオートモード」した時、カメラが自動で設定を決めるのは露出に関わる「シャッタースピード」と

「絞り」だけになり、それ以外の自分で設定出来る事が増えてきます。


そして露出も明るめや暗めなど、露出補正の+や-を調整出来ますし、

オートモードで出来なかった「ISO値」や色味の「ホワイトバランス」に、「測光モード」も

色々と自分で設定でるようになります。


カメラのPモードだとこんな使い方も


先ほど二つの自動で設定を決めると話してた、シャッタースピードや絞りもダイヤルを回すと

もっと早いシャッタースピードに変えたり、絞りをもっと絞った設定などにする事も可能です。


例えばシャッタースピードが1/50秒と少し遅い時ダイヤル回せばシャッタースピード1/100秒に変更出来き

その早くなった分を、カメラが絞り値を自動調整して適正露出に合わせてくれます。


逆に絞り値もF2.8をF4などに変更出来きて、その場合はカメラがシャッタースピードを

自動調整して適正露出にしてくれます。


Pオートモードはシャッタースピードと絞り値のバランスで露出の調整をしてるので、

優先して設定できるのはシャッタースピードか絞り値のどちらかだけになります。


カメラのオートとPモードどっちが良いの


そんな感じでカメラで選べる二つのモードを違いも交えて書いてきましたが

オートだと制限があり過ぎるのと、カメラの事を覚えられないので、

この二つだとPオートモードを使ってカメラに慣れていくのがいいと思います。


これ以外にも絞り優先モード、シャッタースピード優先モードとマニュアルモードがあり、

慣れてきたら絞り優先モードかマニュアルモードで撮影出来るようになると、

よりカメラ撮影の幅が広がります。


それと初心者さんにも分かりやすい用に、Pオートモードで出来る事を少し省きましたが

まとめるとオートは全てカメラ任せでボケた表現などもコチラでは設定できません


Pオートモードでは露出に関わる”シャッタースピード,絞り”以外は、自由に調整出来るようになりますので

オート撮影の方は先ずはPオートモードにチャレンジしてみて下さい。


それではここまで読んでいただき、ありがとうございます。


コメント

タイトルとURLをコピーしました