カメラの絞りを解説。変えるとボケと露出が変わる

カメラの絞りを解説。変えるとボケと露出が変わる 撮影-写真,動画


こんにちは、カメラマンのヨーイチです。


今回はカメラの解説です。

「カメラの絞り」についてお話していきたいと思います。

この絞りを使うとボケとカメラの光の明るさが調整出来るんですよ。


とくに光の明るさについては「ISO」,「シャッタースビード」と一緒に関連して

カメラにとっては超重要な事なので、

今後ワンランク上のマニュアル撮影を考えてる方は是非覚えてください。


それでは順番に



  • カメラの絞りとは
  • カメラの絞りと光の明るさの関係
  • カメラの絞りとボケ関係



こんな順でカメラの絞りを解説しながら書いていきたいと思います。

それでははじめます。


カメラの絞りとは何?


絞りとはカメラボディ本体の機能ではではなく、レンズの中を通り光量を調整する事を「絞り」と言います。


デジタル一眼カメラのレンズの中には絞り羽根という物が入っていて

コレが開いたり閉じたり出来る構造になっています。



レンズの絞りを開ける。絞りを絞る

レンズの中で絞り羽根が光を通す穴を広げた状態を「絞りを開ける」いい

逆に穴を小さく閉じる事を「絞りを絞る」と言います。



この「絞りを開ける」、「絞りを絞る」って言葉を覚えてもらったら

続いては

カメラの絞りと光の明るさの関係

レンズの絞りを開いたり閉じたり


先ほどレンズの中で絞り羽根が開いたり閉じたりして、穴が広がったり狭まったりすると書きました。


レンズの「絞りを開ける」と、光の通り道が広がるのでカメラの受光センサーに

光が多く届いくため写真が明るく撮れます。


逆にレンズの「絞りを絞れ」ば、光の通り道が狭くなるので

少ない光しかカメラのセンサーに届かず、写真が暗く撮れます。


この絞りと光の具体的な使い方


この話を具体例で書くと

「明るい昼間」や「暗い夜」だと、元々の明るさが違うじゃないですか。

明るい昼間は眩しいくらい光が多くて、夜だと暗くて光が少ないです。


こんな時に撮影すると、昼間は光が明るいので絞りを絞ってレンズを通る光を少なく調整します。

暗い夜は絞りを開けてる、レンズを通る少ない光を多くしてより受光センサーに光を取り込むめます。

こんな感じに撮影では絞り開けたり絞ったりして、光をコントロールしています。


そして絞りを開けたり絞ったりする時の、光を通る量を数値化したものを「F値」と言います。

このF値が小さい例えばF1.4やF2の様な時は、穴が広がった絞りを開けた状態です。

F値が大きくF11とかF16だと、穴が小さい絞った状態です。


このF値の幅は各レンズによって違い、ズームよりも単焦点レンズの方がF値が小さい事が多いです。

続いて


カメラの絞りとボケの関係


先程の絞りは明るさをコントロールする以外に

もう一つ、「ボケの大きさをコントロールする」ことも出来ます。


絞りを開けると被写界深度が狭い、ピントが合ってる範囲が少ない

背景のピントが外れた、一般的に言う「ボケた写真」が撮れます。


逆に絞りを絞るとピントの合ってる範囲が広がり、背景までずっとピントが合った

「ボケにくい画像」がとれます。


ポートレートなどを撮ってる方は

絞りを開けてF1.4とかF2など、被写体意外がボケて浮かび上がる絞りを良く使います。


逆に風景などはボケが要らないので

絞りを絞ってF8とかF11などで、背景までピントが合ったシャープに撮ります。


こんな感じで絞りと明るさに、ボケの関係を説明してきましたが

絞りを開けるF値が小さい時は、光がセンサーに多く届き

明かるくて、ボケやすい画像が撮れます。


絞りを絞ったF値が大きい時は、センサーに光は少ししかとどかず

暗くて、ボケずらい画像が撮れます。


最初の方で書いたように

カメラは今回の「絞り」以外に、「ISO」と「シャッタースピード」の

3つで明るさを、コントロールしています。


ですから、この3つを理解出来ると今まで以上に撮影が楽しくなるので

是非順番に覚えてください。


ISOについては以前、下記の記事で出してますので合わせてふかぼりしてください



それではここまで読んでいただき、ありがとうございました。



コメント

タイトルとURLをコピーしました